サッカー 賭け
「両チームの得点」ベッティングガイド
By Shiroshi Nabunaga | | 0 Comments |
基本のW-D-Wシングル、またはアキュムレーターは、サッカーやその他の低得点のスポーツでは一番人気とはかけ離れたものです。ですが、「両チームの得点」ラインは、もっと良いオッズと、一般的に全体ではより良い勝ちを提供できます。勝利の勝ち目があるチームに賭ける時には特にそうです。BTTS(両チームの得点)の賭けは人気が増してきていて、これはつまり、現在マーケットはパンターを競うブックメーカーからの最高価格を引きつけるという意味です。 BTTSのオファーとプロモも、今ではアキュムレーター保証、返金スペシャル、このベットに関連付けられた向上したオッズ取引でとても一般的です。このガイドでは、この賭けを最大限に活用するために取り入れる両チームの得点ベッティング戦略に向けた可能性の統計を話し合って行きます。 「両チームの得点」、略してBTTSは勝つために試合中に各チームが得点を入れる必要があるベットです。このベットタイプは、ブックメーカーによってさまざまな呼ばれ方があります。「ゴールガロア」とか、もっと派手な言い方を好むところもあります。この賭けは長年の間あるものですが、最近人気が出始めました。これは、主にもっと簡単にオンラインにアクセスできるマーケットによるものです。多くの人が、これらのマーケットは、単一で勝つことと比較してもっと価値があると考えています。特に複数のベットではそうです。「両チームの得点」は、それ自体または他のラインと組み合わせた賭けができるラインです。 サッカーの「両チームの得点」の頻度は? サッカーの「両チームの得点」の見込みはチームやリーグによってさまざまですが、プレミアリーグでの平均は大体50%あたりです。これを前半戦と後半戦に分けると、前半戦で両チームが得点する見込みはたったの20%以下で5分の1の時間、後半戦では25%以下で大体4分の1の時間です。 前半戦で両チームが得点する場合、後半戦で両チームが得点する見込みは全体平均よりも大体3-4%高くなっています。前半戦で両チームとも得点しない場合には、後半戦で両チームが得点する確率は平均で大体2-3%低くなっています。前半戦で片方のチームが得点する場合、次の期間に得点をする見込みは平均でわずか25%以下です。 皆さんがどんな方法を調べているにしても、これはとてもよくあることで、引き分けの可能性よりもはるかにあります。例えば、時間の30%あたりで起こるなど。引き分けの10%以下はゴール無しなので、引き分けに賭けるとしても、引き分けと「両チームの得点」(マーケットで利用できれば)に賭ける方が良いでしょう。BTTSオッズ価格の競争、特に大きな試合ではブックメーカーは競争が激しいので、このマーケットの分別のある賭けはよく良いリターンを生み出せます。これに関する別の見方を手に入れるためには、『how often teams keep