オンラインカジノがランドベースカジノを勝る3つの理由

2003年に始まった伝説的な「ポーカーブーム」までは、オンラインカジノのリアルマネーのギャンブルは、賭け金以上にプレーヤーに賭けさせる必要がありました。プレーヤーのアカウントからお金を流用するオフショアの詐欺サイト、なりすましの脅威、一切払われることがない巨額のジャックポットなど、昔のオンラインカジノは控えめに言っても不確かな投機でした。

ありがたいことに州に及ぶ合法化と規制の新しい時代となり、有名、安全、安心のオンラインギャンブルの目的地には長いラインアップがあります。この記事を読んで、今日のオンラインカジノがランドベースカジノをしのぐ存在なっている3つの理由について知りましょう。

1. 簡単なアクセスとは、いつでもどこでもプレイできるということ

確かにラスベガス大通りに立ち並ぶ贅沢な巨大なモニュメントには魅力があります。そこで、誤解しないでください。ほとんどのシン・シティのカジノでは、バッフェ、プール、ショッピングモール、アミューズメントパークでも同じ屋根の下で見つけることができます。

ですが、やりたいと思うことが、安心して静かにお気に入りのゲームをしたいだけなら、自宅で快適にお気に入りのオンラインカジノでプレイするに越したことはありません。スマホ、ノートパソコン、デスクトップパソコンを作動させる安定したインターネット接続がある限り、探しているすべてのブラックジャック、クラップス、ルーレット、ビデオポーカー、スロットアクションのどれでもあっという間にプレイできます。

さらに良いことに、オンラインカジノでは、モバイルアクセスのサービスを利用して外出先でプレイすることが可能です。つまり、次の予約を待っているとか、バスに座っている間に、利用できるという意味です。

2. 利用できるゲームのメニューはラクラクどのカジノも上回る

検索できるゲームメニューという点では、大げさではなく、今日のオンラインカジノは何千もの独特なゲームやバリエーションがある場所です。ほとんどのオンラインカジノは現在では何百ものスロットゲームタイトルを揃え、クラシックな「フルーツマシン」モデルからもっと最新テーマのビデオスロットまで広がっています。どのメジャーなスロットデザイナー(ごく一部の名前を挙げればAristocrat、IGTScientific Games、Konamなど)でも、時計仕掛けのようにクライアントサイトに細心リリースを確実に送り込んでいます。一方で、ラスベガスのダウンタウンにあるほこりっぽいスロットパーラーでは、プレーヤーは目録にまったく変化がない何年も続けてストックされている同じ古いスロットを見ることが予想できます。バラエティは人生のスパイスと言いますよね。このようにオンラインで何百もの新しいゲームを見つけることができる時に、スロットプレーヤーはごく一握りのマシンにしがみつくべきなのでしょうか?

3. 企業統合不足が好ましい競合を生む

1990年代以降、ラスベガスの風景は2社のカジノライバルが牛耳っています。Caesars Entertainmentと MGM Resorts Internationalです。

業界のこの巨大企業2社の間で、ラスベガス大通りのカジノ10件のうち9件をCaesarsかMGMのどちらかが保有、運営しています。他の業界とまさに同じように、競合不足は消費者にとっては悲惨な結果につながっていきます。

私が言っているのは、恐ろしい「リゾート手数料」、無料ガレージの代わりに有料駐車場、ブラックジャックの3~2のペイアウトから、低い6~5へのレートへの容赦ないシフトなど、不穏な傾向のことです。実際に、テーマの装飾や特徴あるアトラクションは別として、ラスベガスのカジノごとにギャンブルをすることは、多様性という点ではあまり提供しません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *